ETFについて投資を知らない人でも分かりやすく解説!

sdyyuysfyy 金融商品はかなりの種類のものがありますが、今回はその中でもETFをご紹介したいと思います。ETFについて、XMのスプレッドのIFOREX取引、そして24OPTION | 24オプション.biz 口座開設はやったけど、他の投資をまったく知らない人まで分かるような構成にしていますので、読んでみてください。

投資信託とは?

投資信託とは、投資の一種で、投資の専門家にお金を投資して運用してもらい、それで得られた利益をみんなで分ける変わった投資です。ファンドとも呼ばれています。みなさんが直ぐに思いつく投資は、一人で情報収集して株を買うといったものだと思いますが、投資信託は、それとはまったく真逆の投資なのです。専門の投資家にほとんど任せるので、やることが口座にお金を振り込むぐらいです。

なんか凄く怪しい感じがしますが、普通にこういった形式は有名です。「じゃあみんな投資信託をすればいいんじゃ?」と疑問に思うかもしれませんが、普通の株式と違って、利益をみんなで分配するので、それほど大きな利益にはなりません。

その代り、確実に安定した利益を出すことができますので、投資初心者に注目されています。それに、普通に銀行に預金しておくより金利がいいですので、投資信託の口座を銀行の口座にするといった人が多くなってきました。

TOPIXとは?

TOPIXは、株価指数の一種です。モニターに数字が並んでいるやつをイメージしてもらえれば分かると思います。その数値化されたデーターが株価指数です。ETFはこれにより、普通の投信と比べてデータがしっかりしています。

ETFとは?
ETFとは上場投資信託(Exchange Traded Fund)の略です。投資信託の一種で、株と同じように簡単に売買できるのが特徴です。それに、取り扱っているファンドは、インデックス型とアクティブ型が特に多いです。

インデックス型とは、TOPIXなどの株価指数を目標にして運用する形式です。アクティブ型は、インデックス型の反対で、株価指数を超える数値を目指して運用する形式です。アクティブ型の方が優れているかのように感じますが、その分リスクが高くなること頭に入れておいてください。インデックス型は、収益が安定しますので、初心者の人にお勧めです。またETFは、国内のものと海外のものがありますが、国内のものより、海外のものの方が優秀ですので、もし始めるのであれば、海外のETFを使いましょう。

ETFはどういった人にお勧め?
ETFは、個別株と同じように売買できるといいましたが、それだけではなく、値段も個別株と同じぐらいに値段が高いです。また、配当金も同じくあります。

そこまで株と同じなのですが、ETFは、唯一ドル・コスト平均法が使えません。ドル・コスト平均法とは、投資を分割して定期的に投資する方法です。高い商品に投資する時に使われますが、ETFでは使えません。ですので、軍資金が30万円以上を出せる人がお勧めです。

信託報酬以外の手数料について

ETFは、他の投信と比べて購入手数料がかかります。軍資金が30万円以上を出せる人にお勧めですと言いましたが、これは購入手数料があるから、少ない金額で投資をおこなうのはもったいないといった意味です 。少ない数しか投資しないのなら問題ありませんが、それなら別の投資信託の方が優れている場合がありますので、多くある投信のあらゆる特徴を把握した上で投資を始めることをお勧めします。

個人投資家

株式取引をやる多くの個人投資家たちは、上がっている株式のみ注目し、下がっている株式には目もくれません。それは、多くの人たちが自分が購入した株が値上がった後で売る現物買いの現物売りの取引をしているので、このように値上がりをしている株式に注目して、値下がりしている株式注目しない理由だと思います。

しかし、株式取引のプロたちは信用買いや空売りを使って株式市場での収益を得ようとするので、値下がりしている株式にも常に注意を払っています。

 

おすすめリンク

情報満載

リンクメニュー

ETFについて

このサイトの説明

ルール
編集者より