現物購入と不動産経営について

sd587s8yy 不動産投資の種類は主に2種類あります。一つ目は、不動産投資信託(REIT)を使う方法と、2つ目は、現物投資での方法です。この記事では、現物投資に絞って、初心者でも基礎知識が分かるような構成になっています。現物投資は奥が深いですので、本記事以外に、バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記の実践戦術等の現物投資についての本を読むなどして、情報を集めることをお勧めします。

現物投資とは?

不動産投資には、不動産投資信託(REIT)を使う方法と、現物投資の2つの方法があるといいましたが、これらの違いは、RIETはほったらかしで利益がでるのに対して、現物投資は、自分で運営していかないといけません。大屋さんをイメージして頂ければ分かるかと思いますが、人に部屋を貸すのにあらゆることを説明しないといけません。ですので、現物投資はどちらかというと、投資というよりは経営に近いです。

現物投資のお金の流れ

アパートやマンションを丸ごと購入して、他人に部屋を貸します。借りた人は、大屋さんに対して対価を支払わなければいけません。そこで発生する家賃収入をインカムゲインといいます。インカムゲインとは、資産を保有して得られる収入です。

また、貸して得られる収入以外にも、アパートやマンションを売って、得られる

キャピタルゲインというのもあります。キャピタルゲインは、資産を売却して得られる収入のことをいいます。現物投資は、インカムゲインとキャピタルゲインで利益を出す投資なのです。

現物投資はお金に余裕があるときに

現物投資は、アパートやマンションを買うため、それなりのお金が必要になってきます。お金に余裕がある人はいいかもしれませんが、借金をしてまでやってしまって、うまくいかなかった場合は厳しいです。

また、震災や火災で資産がダメになってしまうといったリスクがあったり、固定資産税という税金がかかりますので、お金がない人には、現物投資はあまり向かないかもしれません。会社のように自己破産できればいいのですが、現物投資はできませんので、頭に入れておいてください。現物投資は、別の投資で軍資金を稼いでからはじめるのがベストです。

不動産経営はとにかく知識を吸収すること

不動産を運営するということは、会社を運営するのと同じで、あらゆる知識が必要になってきます。建物、土地、税金、経営など、それぞれオタクと呼べるぐらいの知識を保有していないと運営はなりたちません。

不動産を運営するなら第一にお金が必要ですが、それと同じくらい不動産に関する知識も持ち合わせていないと、無駄になってしまいます。ネットで情報を集めたり、現役の不動産運営者の本を購入して勉強することも必要になりますので、不動産運営は敷居が高いです。

しかし、リスクが非常に高い分、競合することがあまりありません。そのせいか、ノウハウを勉強をした上で、不動産投資・不動産経営をおこなう人は少ないそうです。そういった人たちの大半は、裕福な人達がほとんどです。見習うところではありませんので、勉強しなくていいといった考えはやめて、しっかりと勉強しましょう。

個人投資家

株式取引をやる多くの個人投資家たちは、上がっている株式のみ注目し、下がっている株式には目もくれません。それは、多くの人たちが自分が購入した株が値上がった後で売る現物買いの現物売りの取引をしているので、このように値上がりをしている株式に注目して、値下がりしている株式注目しない理由だと思います。

しかし、株式取引のプロたちは信用買いや空売りを使って株式市場での収益を得ようとするので、値下がりしている株式にも常に注意を払っています。

 

おすすめリンク

情報満載

リンクメニュー

ETFについて

このサイトの説明

ルール
編集者より